Iframeに表示する代わりにファイルをダウンロードする

はじめに 情報の取り扱いがシビアな企業ですと「PDFファイルをダウンロードさせたくない」という要望があります。ダウンロードできてしまうと、ファイルの転送や印刷が容易なため、できればブラウザ上だけで1ページづつ表示させたい、というニーズです。

HTML初心者向けに、【iframe】の使い方を解説した記事です。iframeタグは、src属性で表示させるファイルを指定します。widthとheightで幅と逆さも指定可能です。YouTubeの動画の埋め込みを例に説明します。

iframe は Inline FRAME の略です。src で指定した他のドキュメントを画面中にインラインで表示することができます。 のURLを指定します。 srcdoc=contents: LS/H5/Ch/Fx/Op: フレームに表示するコンテンツを src属性で別ファイルから指定するのではなく、直接 srcdoc属性で指定します。 HTML5 では廃止され、代わりに、対象テキストを囲む任意の要素に id 属性を指定することになりました。 この属性を指定することで、画像などのファイルでもクリック時に表示するのではなく、ダウンロードできるようになります。

HTML5でiframeが認められなくなりました。今まで下記のようにボタン1ボタン2ボタン3ボタン4ボタン5ボタン6<旧iframe>ボタンは表示し続け下にボタンに応じたページを表示させたい場合一般的にどうすればよいのでしょうか の内容. HTML4.01では、iframe 要素の開始タグと閉じタグの間には、 インラインフレームをサポートしていない環境向けの内容を記述することになっていましたが、 HTML5では、に内容を指定しても、何も意味を持たないことになっています。 iframe 内のファイルを表示するブラウザー 関連する形式を表示するために必要なプラグインがインストールされている場合にのみ、それ以外の場合はダウンロードを開始します。これはRubyの問題ではありません。 iframe内のpdfファイルの表示. ホームページにiframeを挿入して、pdfファイルを表示させていたのですが、 pcにacrobat5.0をインストールしたところ、iframe内にpdfファイルが表示されなくなりました。 その代わり、「ファイルのダウンロード」ウィンドウが開いてpdf ユーザーがドキュメントライブラリの一覧でファイル名をクリックすると、ファイルビューアーにその特定のファイルの内容が表示されます。 または、リスト web パーツを埋め込み web パーツに接続し、さまざまな動的エクスペリエンスのカスタムコードを